0120-5040-920120-5040-92営業時間:平日(月~金)9:00~18:00

ちらし屋のチラシ

  1. Adobe Flash Playerのサポート終了について

Adobe Flash Playerのサポート終了について

活用サポート

皆さんのホームページに、「Flash(フラッシュ)」は使われていませんか?

フラッシュとはAdobe社が提供していた技術であり、Adobe Flash Playerというプログラムで見ることができました。
アニメーションや動画、ゲームなど様々なコンテンツをページ内に表示させるためのもので、一般的に「フラッシュ」と呼ばれています。

フラッシュの利便性は多岐にわたり、法人個人問わず多くのホームページで活用されてきました。

法人のホームページでは、主にトップページの上段(ファーストビュー)部分にフラッシュが多く使用されていました。
人気のフラッシュ作品は、インターネット上に瞬く間に拡散され、一部のユーザーは約1998年~約2007年のインターネット界隈を「フラッシュ黄金時代」と呼んでいます。

おもしろフラッシュ倉庫のスクリーンショット。フラッシュを活用した動画やゲームなど様々なコンテンツが表示されている。

▲おもしろフラッシュ倉庫

フラッシュの現状

提供元のAdobe社が2020年12月31日にサービスを終了したため、現在、フラッシュを利用すること・表示することができません。
各ブラウザでも、順次フラッシュが非表示となっています。

フラッシュが使用されたままのホームページには「Adobe FlashPlayerのサポートは終了しました」「このプラグインはサポートされていません」と表示されていますが、ブラウザによっては黒い画面だけが表示されることもあります。

各ブラウザごとに違うサービス終了の表示事例。グーグルクロームとマイクロソフトエッジには終了の旨が言葉で表示されているが、インターネットエクスプローラーとファイアフォックスは黒い画面で何も表示されていない。

サービス終了の原因

セキュリティの脆弱性

Adobe社は2015年、フラッシュに大きな脆弱性があることを発見し、悪質なユーザーからの不正アクセスや攻撃を受ける可能性を発表。その後、脆弱性が発見されるたびに何度もアップデートを繰り返しましたが、脆弱性を完全に改善することはできませんでした。

スマートフォンでの利用不可

フラッシュは、表示・反応速度が遅いなどの問題を抱えていたため、Apple社は発売当初から、フラッシュが表示できないことを前提としてiPhoneを発売していました。そして、後を追うようにAndroidでもフラッシュの表示ができなくなっています。

その為Apple社は発売当初から、フラッシュが表示できないことを前提としてiPhoneを発売していました。
そして、後を追うようにAndroidでもフラッシュの表示ができなくなっています。

フラッシュに勝るツールやプログラムの登場

時代の流れにより、技術も大きく発展してきました。
「アニメーションはアニメーション用」「ゲームはゲーム用」と、各コンテンツに特化したプログラム言語が作られています。

現在、誰でも簡単にホームページを作れますし、勉強すればゲームも制作・販売まで可能な時代。
使い勝手だけではなくセキュリティ面でも、フラッシュの上位互換として様々なツールやプログラムが登場しており、フラッシュの需要が急激に減りました。

今後の対応方法

Adobe社がサポートを終了したため、ホームページでフラッシュを使用することができません。(フラッシュ部分が表示がされない状態となります)

フラッシュの利用を停止して、一般的な画像へ置き換える改善が必要になります。
また、複数枚の画像表示が必要な場合は、スライド機能をお勧めしています。
スライド機能の参考:当社トップページ

参考料金(税込)
一般的な画像の置き換え 16,500円~
スライド機能の導入 33,000円~

改善に伴う注意

フラッシュのデザイン・内容によっては、再現することが難しい場合がございます。
まずは一度ご相談ください。

フラッシュの使用を停止して頂き、早急に改善頂きますようお願い致します。

※サービス終了の詳細:Adobe Flash Playerサポート終了情報ページ