0120-5040-920120-5040-92営業時間:平日(月~金)10:00~18:00

ちらし屋のチラシ

  1. 自社の都合だけを考えたシステム化には要注意

自社の都合だけを考えたシステム化には要注意

WEB事業部システム活用相談会

自宅のデスクより。

自社の業務を「変えたい」というシステム化のご相談を多く頂いています。

今回のご相談は「効率が悪い電話やFAXでの受発注を止めたい。 お客さん自身でネットから注文してほしい」という内容でした。

BtoB受発注システムの相談会風景

今回は、対法人(BtoB)ということで、すべてのお客様がいきなり対応頂ける訳ではないでしょうが、

・いつでもどこでも発注できる
・いつでもどこでも受注できる
・データが確実に残る
・データに基づいて効率的な販促が行える

こんなメリットがたくさんありますよね。

(BtoB受発注システムの詳しい話はまた後日にでも)

今回ご相談頂いた企業さんは、建材商品を3万点以上取り扱う企業さんです。

とにかく、お客さんが商品を「簡単に探せる」「簡単に選べる」「簡単に注文できる」ことがまずは基本。

そして「音声での検索」機能も導入する予定です。

技術自体は、さまざまなツールが登場していますので、上手く活用できれば問題なく導入できます。

ただ・・・

よくある電話での発注内容を聞いてみると、

「いつものね!」「いつもの頂戴!」「いつものを、今の現場に届けておいて!」

実に人情味が溢れています(笑。
嫌いではありませんが・・・

このような、今まで担当者とお客さんが「阿吽(あうん)の呼吸」でやりとりしていた業務をシステム化していく訳です。

また、音声で商品を探すとなれば、例えば「ばんそうこう」と音声で検索する人もいれば「バンドエイド」と音声で検索する人もいるでしょうし。

ただ単に、自社の都合だけを考えた「システム化」では上手くいきませんね。
しっかりと自社だけではなく、実際に使ってもらうお客さんの目線でもテスト・検証を繰り返していきましょう!