0120-5040-920120-5040-92営業時間:平日(月~金)10:00~18:00

ちらし屋のチラシ

  1. 今年のIT導入補助金ってどうなの?(IT導入補助金2019の説明会へ)

今年のIT導入補助金ってどうなの?(IT導入補助金2019の説明会へ)

ちらし屋の仕事河田菊夫

自宅のデスクより。
今週は、東京からスタート。

IT導入補助金2019の説明会に行ってきました。名古屋か大阪で参加したかったのですが、予定が合わず東京説明会に参加してきました。800人定員の会場でしたが満席。立ち見の方もいらっしゃいました。床に座っている人も(笑。

IT導入補助金2019の説明会(東京)の様子。

今年のIT導入補助金は、昨年よりも「労働生産性」をよりアップさせることに特化したシステム・パッケージに的を絞りたいという意図をかなり感じた説明会でした。

昨年との主な違いやIT導入補助金2019の特徴を簡単に挙げてみます。

私のメモ程度ですが、簡単に特徴を挙げてみます。

・最低80万円の申請より可能。(40万円の補助)

・当社もそして補助金を活用したいお客様も「法人税の納税証明書」の提出が必須。

・申請企業はSMS認証機能が必須。(携帯電話での確認が必須)

・申請方法がA型(80万-150万)、B型(150万-450万)の2種類に分かれる。

・ハードウェア購入、広告費や従量課金の費用には利用できない。

・VRやARやデジタルサイネージ関係では申請できない。

・単純に「会社のホームページをリニューアルしたい」ということでは申請できない。
(このような申請は、持続化補助金を使ってほしい)
(ただし、予約システムなど利用者とコミュニケーションを図るようなホームページはOK)

・加点対象:SECURITYアクションは、今年も必須。
(昨年のものがそのまま活用できる)

・加点対象:おもてなし認証は、有効期限があるため再取得が必要。

・加点対象:クラウドツールの利用は、加点対象となる。

・昨年はIT事業者が主となり申請を進めたが、今年は申請企業が最後の登録作業なども行う。

昨年は、ルールに従わない申請が発覚・取り消しになったケースもあったようです。

事務局さんからの説明では、昨年、IT事業者の「なりすまし申請」といった問題が発覚したこともあったようで、認証・申請の流れが大きく変更されている旨が説明されました。残念なことですね。そのために申請が複雑化していくのですから。

4月中旬以降に、公式サイトでも情報が発信されます。
https://www.it-hojo.jp/

当社でも、ルールにしっかり従いながら、皆さんの業務改善にお役に立てるITツールを登録・公開していきたいと思います。

よろしくお願いします。