この「EC店長を応援!商品ページに活用できるキャッチフレーズ集」のコーナーでは

「どうすれば商品の特徴・魅力をより伝えることができるのか・・」
「売れる文章って何を書けばいいのだろう・・」

そんな悩みを抱えるECサイトの店長さん向けに、購買意欲を高めるキャッチフレーズや例文をご紹介していきます。

このコーナーでご紹介するキャッチフレーズや例文を、商品ページの改善(ファーストビューの文章、見出しの文章、商品の詳細説明文などの改善)にぜひ活用してください。


先をいく〇〇

例文

  • 常識を超えた、先をいくキッチンツール。
  • 先を行くビジネスマンに!夏のスーツ特集。
  • お客様の気持ちに寄り添う、一歩先の接客。

解説

このキャッチフレーズは、

  • 優れた特徴をもつ商品
  • 今までにない珍しい商品
  • お客様に寄り添うサービス

に対して使うことができます。

最先端の機能を持つ商品など、既存商品と比べて進んだ技術力をアピールすることができます。

「先を行く」に似た言葉で「一歩先の」という言葉も同じような意味合いがあります。「先を行く」はヒト・モノに対して使うことが多く、「一歩先の」という言葉はサービスなど無形商材に対しても使うことができます。文章の流れや商品によって使い分けましょう。


商品の良さを伝える為には、第一にお客様へ商品を使うことによるメリットや素晴らしさをアピールする必要があります。

しかしアピールすることに固執して説明文を作ると、どんどん商品を売り込もうという想いが文章に表れてしまい、誇張表現になりやすいです。

すると、商品を使ってもらったときに「あれ、思ってた商品と違う…」「書いてある説明文と違う!」とお客様の期待を裏切ってしまいます。
ときにはクレームになることもあるでしょうし、信頼を損なってしまえば二度と購入してもらえません。

商品ページを作る際は、商品の特徴を具体的かつ正確に表記することが基本です。その上で、最もお客様の購買意欲が高まるポイントはどこかを考えてキャッチフレーズを作ると説明文に磨きがかかりますよ。


その他のキャッチフレーズはこちら