ホームページをどこの誰に見てほしいか?

あなたの理想のお客さんは、どんなお客さんですか?

ホームページをどこの誰に見てもらいたいのか。どんなお客さんに来て欲しいのか。これらをホームページ作成前にイメージすることはとても大切です。

有名で超一流のデザイン会社にホームページ作成を依頼する時でも、無料サービスやホームページ作成ソフトを使って自分でホームページを作る場合でも、この「誰に見てほしいのか」を決めることはとても重要です。

例えば、あなたが、自動車板金工場の経営者であった場合、「誰に見て欲しいか」を考えてみましょう。

その場合は、「車に凹みやキズが付いてしまい困っていて、修理工場を探している人」になるでしょうし、もっと深く考えると、

「車の凹みやキズで困っている人」で、「少々、値段が高くても丁寧に作業してくれる工場を探している人」かもしれません。

あなたが下請けの仕事を増やしたい場合は、「安くて腕がよくて、しかも仕事が早い下請け工場を探している販売ディーラー」というケースも考えられます。

このように、誰に見て欲しいのか、あなたの利用のお客さんを必ず決めてください。これをホームページの「ターゲット」と私たちは呼んでいます。

ターゲットの定まらないホームページは、閲覧者の心に響きません。
狙いを定めたホームページだからこそ、見込み客に強いインパクトを与えられます。

最近の記事

  1. 特定の写真・画像・ボタンなどからPDFファイルにリンクできますか?
  2. 特定のページにパスワードを設定したい。(社員専用ページを作りたい)
  3. 様々な国の国旗を並べた画像
  4. トップページだけリニューアルすることはできますか?
  1. 特定のページにパスワードを設定したい。(社員専用ページを作りたい)

    ホームページ作成・運営に関するQ&A

    特定のページにパスワードを設定したい。(社員専用ページを作りたい)
  2. ファビコンを付けてほしいのですが・・・

    02ホームページ運営のノウハウ

    ファビコンを付けてほしいのですが・・・
  3. ホームページの更新&ブログ記事のネタ切れなんですが・・・何か良い対策はありませんか?

    02ホームページ運営のノウハウ

    ホームページの更新&ブログ記事のネタ切れなんですが・・・何か良い対策はありません…
  4. ホームページの改善ポイント 入り口ページを見直す。

    02ホームページ運営のノウハウ

    ホームページの改善ポイント。「入り口」を見直すことが大切です。
  5. リスティング広告のシミュレーションを依頼する時に必要な情報は?

    リスティング広告

    リスティング広告のシミュレーションを依頼する時に必要な情報は?
PAGE TOP