ホームページに使う写真について

ホームページを制作する時、写真はどうすればよい?

ホームページに使用する写真は、プロのカメラマンに撮影してもらうことをおすすめします。

理由は、やはりプロのカメラマンが撮影した写真は、自分で撮影した写真よりもクオリティが高く、ホームページ全体のクオリティの向上につながるからです。

カメラマンの料金体系も様々ですが、私たちがいつも愛知県・岐阜県で依頼をするカメラマンの相場は、およそ5万円〜です。ホームページの制作料金に少しだけ予算を追加すれば、クオリティの高い写真をホームページに掲載することができます。撮影した写真データは、名刺や営業パンフレットなどに併用することも可能です。(写真データの提供・活用については、カメラマンに事前に確認が必要です。)

来社や来店を目的とする場合は、特に注意してください。

あなたのホームページが、「無料で相談に来てほしい」「お店に来てほしい」「工場を見学に来てほしい」などの来社・来店を目的とする場合は、掲載する写真には特にご注意ください。

ホームページに訪問した人の立場になって考えてみましょう。

  • どんな場所で相談できるんだろうか。
  • 本当に、気軽に相談できる場所なんだろうか。
  • どんな雰囲気のお店だろうか。

このような事が、必ず事前に気になるでしょう。

実際にお客さんに来てもらう部屋・打ち合わせスペースの紹介はもちろん必須ですが、そのページに掲載されている写真が、素人が撮影した暗い写真であった場合、行くのをためらう人もいるはずです。そのような機会損失につながらないように、カメラマンに撮影してもらいましょう。

ブログや事例紹介など、日常の更新に使う写真は自分で撮影しましょう。

頻繁に更新するブログや事例ページの写真は、その都度カメラマンに依頼をすると当然ですが費用も掛かってきます。
住宅のモデルハウスなど高単価なものを販売する場合など、クオリティの高い写真が必要な商品以外は、定期的に更新するページの写真はご自身で撮影して頂けば良いでしょう。

一眼レフなどの高価なカメラでなく市販のデジタルカメラでも、オートモードで撮影すればある程度の画質の写真を取ることができるため日々の更新には十分でしょう。

カメラだとつい面倒くさくなってしまう。という方は、もちろんスマートフォンの画像でも問題ありません。

最近の記事

  1. 特定の写真・画像・ボタンなどからPDFファイルにリンクできますか?
  2. 特定のページにパスワードを設定したい。(社員専用ページを作りたい)
  3. 様々な国の国旗を並べた画像
  4. トップページだけリニューアルすることはできますか?
  1. 02ホームページ運営のノウハウ

    ワードプレスで表示されるユーザー名を変更したい。
  2. リスティング広告を出せない場合もありますか?

    02ホームページ運営のノウハウ

    リスティング広告を出せない場合もありますか?
  3. ホームページを更新する「ネタが無い」は言い訳。

    02ホームページ運営のノウハウ

    ホームページを更新する「ネタが無い」は言い訳。
  4. 配布したちらし(紙)も、ホームページに掲載した方がいいですか?

    02ホームページ運営のノウハウ

    配布したちらし(紙)も、ホームページに掲載した方がいいですか?
  5. 02ホームページ運営のノウハウ

    SSLを導入したらワードプレスに管理画面にアクセスできなくなった。
PAGE TOP